株式会社ピーエーシー

先輩社員の声

第一線で働くピーエーシー社員は日々、何を考え・何をしているの?
広告会社の様々な業務ごとに若手社員が登場し、学生時代から現在の仕事までをご紹介します。

クライアントにとって、なんでも相談できる身近な存在でいたい。

古井千裕
2015年入社 第2営業部

古井 千裕

行政、静岡市の指定管理施設、機械系企業など、幅広いクライアントを担当しています。クライアントの窓口となってご相談に乗るのはもちろん、ときにはデザインやCMのアイデアを考えることもあります。

ピーエーシーへ入社を決めた理由は?
生まれ育った愛着のある地元で、広告の仕事に就きたいと思ったからです。もともとデザインや広告に興味があり、就職活動は広告業界を中心にしていました。紹介でピーエーシーを知り、「広告文化を通じて地域社会に貢献する」という企業理念に惹かれてエントリーを決めました。
仕事の中でのやりがい・嬉しかったことは?
お客さまから「PACさん」ではなく「古井さん」と言ってもらえるようになったときが嬉しかったです。“会社対会社”から“人対人”へ、一歩お客さまに近づけたような気持ちになりました。
ピーエーシー社員として、広告人として大事にしていることは?
お客さまにとって、なんでも気軽に相談できる存在でいること。広告業界は、華々しくて遠い存在のようなイメージを持たれがちなので、壁を感じさせないような雰囲気づくりを心がけています。
今後の目標は?
7年目になり、チームを引っ張っていくことが増えてきたので、後輩への指示の出し方にも気が回せるようになりたいです。
広告業界を目指す学生へのメッセージを!
明るく、前向きに、会話のキャッチボールができれば大丈夫。知識は後からついてきます。そして、今のうちにいろいろな経験をしてみてください。何かが仕事に繋がるかもしれません!

その他の先輩社員の声