社員インタビュー

この仕事は、常に未来を創る仕事だと思う。

2006年4月入社(9年目)第1営業部 望月 純

私の仕事は、クライアントの課題を日々探り、
そして日々提案を繰り返していく営業です。
担当分野は、映画配給社・劇場、自動車販売会社、
時計・宝飾店、静岡市、観光施設の運営管理など幅広く、
テレビ・新聞等のマス媒体からイベントの企画立案・運営までを
総合的に行っています。

望月 純

ピーエーシーへ入社を決めた理由は?

就職活動をする時期にちょうど採用していたことが大きな理由です。タイミングがぴったりだったようです。もともと広告会社に就職したいという希望があり、それを叶えることができるピーエーシーに入社を決めました。


仕事の中でのやりがい・嬉しかったことは?

ピーエーシーの仕事は、常に未来を創る仕事だと思っています。それが1番の楽しさであり、やりがいを感じます。 様々な業界を担当することで知識や経験を積むことができ、自分の視野が広がり、「人」として確実に成長できる仕事だと思います。 また、クライアントからまず自分を1番に思い浮かべてもらい相談をもらうことが、私にとって大きな喜びです。期待にしっかり応え、お客様の課題解決をできたときには私自信も満足できます。

ピーエーシー社員として、広告人として大事にしていることは?

頭を常にリフレッシュした状態で居られるよう心がけています。常に自分に言い聞かせているのは2つ。
ひとつは「常に意識を高く持て」ということ、そしてもうひとつは「闘志なき者は去れ」ということです。
意識していないと、ただぼんやり毎日が過ぎてしまいますし、やる気のない人、勝つ気のない人は不要だと考えているからです

今後の目標は?

「広告文化を通じて、地域社会に貢献する」というPACの社是にあるとおり、
広告で静岡を元気に、そして活気ある静岡をつくるお手伝いをしていきたいと考えています。
自分の存在が、会社の成長・財産になるよう日々邁進!あるのみです。

広告業界を目指す学生へメッセージを!

広告会社は、カッコよく派手に見えがちですが、実際は“縁の下の力持ち“です。
形のないものを作り、実現していく難しさもありますが、多くの人と出会い、たくさんの経験ができる、
楽しい業界だと思います。

採用情報トップへ戻る